シミの種類についての概要

シミの種類には様々なものがある事をご存知でしょうか? シミの種類によってもその発生の過程は異なりますし、また、シミの種類によってもその治療方法は変わってくるのです。
まずはこのシミの種類を良く把握しておくようにしましょう。
まず、肝斑と呼ばれるシミの種類があります。
これは頬骨や鼻の下あたり、そして左右対称にできるシミの種類で、30〜40代の女性に多いものと言われています。このシミの種類は、女性ホルモンに関係して来ているそうです。
シミの種類でも代表的なものとしては、老人性色素斑がありますね。
これは紫外線が原因となってできるもので、若い頃によく日焼けしていた人が起こってしまうものです。美白化粧品でこのシミの種類は薄くもできますが、濃いものはレーザー治療でないと取りにくいと言われ、シミの種類でもやっかいなものです。
シミの種類でも脂漏性角化症というものもあり、これは、イボのように現われてくるシミです。レーザー治療でなければこのシミの種類は取ることはできないとさえ言われています。

運営者情報

当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。

・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

管理者より:

当サイトの情報がシミ、そばかす、くすみで
お悩みの方に少しでもお役にたてれば幸いです。

【プライバシーポリシー】
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

シミ・そばかす・くすみ対策概要
シミ、そばかす、くすみでお悩みの方へ
シミの種類
シミの種類についての概要
シミの原因
シミの原因は何か?
シミの出来る場所別対策法
顔のシミの取り方の基本
背中のシミを取る方法
化粧品によるシミ対策
シミに効く化粧品の探し方
シミが消える化粧品の考え方
専門機関によるシミ対策
エステによるシミ取り効果
シミ対策ミニ情報
佐伯チズ式シミ対策
クリームによるシミ対策
シミ取りクリームでシミ対策をする
日焼けが原因のシミ
日焼けによるシミ対策
サプリメントによるシミ対策
シミに効くサプリメントとは?
シミを薄くする
シミを薄くするためには?